「一般不動産屋」と「任売業者」

2011-08-22

「一般不動産屋(会社)」と「任意売却専門業者」の違い

住宅ローン金額が売却相場よりも多く残っているマンションや一戸建てなど、不動産の任意売却は非常に手間と時間がかかります。それに加え、任意売却では銀行など債権者との交渉もあります。債権者ごとに方針も違います。
一般の不動産屋さんでは、一つの案件に対してそれほど時間も手間もかけられないのが通常です。
そうこうしている間に競売にかけられたり、差押さえをされたりしてしまいます。こうなったらスムーズに行くものも行かなくなってしまうのです。
また、一般の不動産屋さんでは任意売却という債権絡みの仕事のノウハウもありません。
したがって、任意売却は一般の不動産屋では扱うことができません。

また任意売却という業務は、さほど儲からない仕事です。
実際にご相談を受けてから、ご契約・お引越し・引渡しまでおよそ半年から1年くらいかかります。利幅の薄い仕事である反面、膨大な手間と時間がかかるので、任意売却を専門に処理する知識のある人材を置かなければなりません。
なかなか依頼もなく、儲けの少ない仕事ですから、一般の不動産屋さんはあまり手を出そうとしません。

時間と手間のかかる任意売却は、専門にやっているところでないと安心して任せられないと思います。
その面からも当社(任意売却相談室)は経験豊富です。ご安心してお任せください。

 

 

 

 

 

 

任意売却相談室トップ > 良くある質問 > 「一般不動産業者」と「任売業者」

Copyright(c) 2012 任意売却の無料相談室、住宅ローン滞納や差押、競売等でお悩みの方にアドバイスです。 All Rights Reserved by 高住リビング